お葬式の香典の金額

故人との関係性で変わるご香典

ご香典の金額は故人との関係、またご遺族との関係によって変わります。またご自分の両親や祖父母などのお葬式の際にご香典を頂戴している場合は。同額をお包みするのが一般的です。


関係性ごとのご香典金額


配偶者の両親・兄弟

最も関係の深い配偶者の両親や兄弟などの場合「3万円~5万円」が一般的です。

親戚・従弟

「1万円~2万円」が一般的です。

先輩・同僚・友人

「5千円~1万円」が一般的です。

あつらえばち

「3千円~5千円」が一般的です。


忌中とは?


告別式の忌中法要とは、故人との最後の別れを告げる儀式で、通常は葬儀と同日に行われます。僧侶による読経や焼香を通じて故人の冥福を祈ります。この法要は、初七日の法要を兼ねることが多く、遺族や参列者が故人を偲び、最後の別れを告げる重要な時間です。告別式の忌中法要を通じて、遺族は故人の成仏を願い、心の整理をします。


忌中にお呼ばれした際のご香典


忌中法要にもお呼ばれした際のご香典は「5千円~1万円」をご香典とは別に「忌中」としお包みしいます。 またはご香典と一緒に「忌中とも」として「1万円~2万円」お包み頂く場合が多いです。







PAGE TOP