火葬式とはどんなお葬式?

火葬式とはどんなお葬式?

火葬式は、通夜や告別式を省略し、直接火葬を行うシンプルな葬儀形式です。遺体は火葬場に運ばれ、遺族や親しい人が立ち会って火葬が行われます。通常、宗教儀式や会葬者の参列は行われず、短時間で終わります。火葬後は遺骨をお骨容器に納めて収骨し、その後の供養や埋葬の手続きに移ります。


火葬式のメリット


費用の節約

火葬式は通夜や告別式を省略するため、一般的な葬儀に比べて費用を大幅に抑えることができます。葬儀場の使用料や食事、返礼品などの追加費用がかからないため、経済的に負担を減らせます。このため、急な出費に対応しやすく、予算に制約のある家庭にも適しています。

手続きの簡略化

火葬式はシンプルな手続きで済むため、遺族にかかる負担が少ないです。一般的な葬儀に比べて準備や手配が簡素化されているため、葬儀の進行に関するストレスを軽減できます。初めて葬儀を経験する遺族にも、負担が少なく対応しやすい形式です。


火葬式のデメリット


お別れの時間が短い

火葬式は通夜や告別式を省略するため、故人とのお別れの時間が非常に短くなります。遺族や友人が故人と過ごす時間が限られるため、十分に弔いの気持ちを込められないと感じることがあります。この点が心理的な負担となる場合もあります。

弔問の場が限られる

火葬式は参列者が少ないため、故人に縁のある多くの人々が弔問できないことがあります。これにより、後で参列できなかった人々が個別に弔問に訪れることがあり、遺族にとって再度対応が必要となる場合があります。

宗教儀礼の省略

通夜や告別式を省略するため、宗教的な儀礼や伝統的な習慣が行われないことがあります。宗教的な価値観を重んじる家庭や地域においては、この点が不満や違和感を生じる原因となることがあります。

社会的な誤解

火葬式は簡素な形式のため、故人に対する敬意が欠けていると受け取られることがあります。特に伝統的な葬儀を重んじる文化圏や社会においては、火葬式の選択が誤解や批判の対象となることがあります。


高畠町で火葬式はあり?なし?


前述しているデメリットに加え、高畠町に昔から住んでいるという方には火葬式は後々困る場合も多いです。ご近所とのつながりや会社関係などの関わりなど、たとえ火葬式で行ったとしても後からご自宅に弔問頂く場合もあり返礼品などの対応なども困難になる事があります。


火葬式・家族葬・一般葬 比較一覧


種類 一般葬 家族葬 火葬式
搬送・安置
納棺
通夜 ×
出棺
火葬
葬儀・告別式 ×





PAGE TOP